自民党富山第一選挙区支部長 たばた裕明
自由民主党
日本のために、地方のために!
皆様と同じ目線に立ち、「ともに考え、ともに響き、ともに生きる」
努力が報われる社会づくりを目指します!
お知らせ
自民党衆議院 富山第一選挙区支部長 たばた裕明からのお知らせです。
【動画】小泉進次郎、街頭演説会がおこなわれました。
2014.12.03 up

10433937_575431599223287_2474185452976891698_n.png
 
12月4日(木)18時15分より、富山駅北口に小泉進次郎さんが応援にいらっしゃいました。
一言で心を震わす演説を、ぜひお聴きください。
 
たばた裕明、小泉進次郎政務官の街頭演説会1

 
たばた裕明、小泉進次郎政務官の街頭演説会2

たばた裕明ページを地域経済活性化戦略更新しました
2014.12.02 up

201411_goaisatsu_main.jpg
 
景気回復、この道しかない。衆議院議員選挙、富山1区自民党公認候補
たばた裕明の地域経済活性化戦略更新いたしました。
こちらよりお進みください。

たばた裕明出陣式のご案内。
2014.12.01 up

10805641_573868339379613_8786787116293348136_n.png
 
たばた裕明、今日も富山市内を駆け回っています。そして12月2日朝9時より、天正寺の事務所にて出陣式を執り行います。皆様のお越しをお待ちしております。
※駐車場の混雑が予想されます。誘導員の指示に従ってください。
 
場所:たばた裕明事務所
日時:12月2日朝9時より
 
たばた裕明事務所のアクセスはこちらからご確認ください。
 

たばた裕明は、自民党の政策を実現します。
2014.11.29 up

1507967_741318535921668_4871512703876049539_n.jpg
 
【自民党の重点政策】
たばた裕明は、自民党の政策を実現します。(事務所秘書)
【重点政策集2014】

「重点政策集2014」を掲載いたします。

第1部では「景気回復、この道しかない。」をキャッチフレーズに掲げた上で、「あの暗く、混迷した時代に後戻りさせる訳にはいきません」などとする安倍晋三総裁(総理)のメッセージから始まり、最重要課題に位置付ける、経済再生と財政再建の両立、地方創生、女性活躍に「特出し」しているのが特徴です。

一方、第2部は「政策BANK」と題し、政調会設置の各部会から寄せられた個別の政策を約300項目にわたって、幅広く掲載しています。具体的には、(1)経済再生・財政再建(2)地方創生・女性活躍推進(3)暮らしの安全・安心、教育再生(4)地球儀を俯瞰した積極的平和外交(5)政治・行政改革(6)憲法改正――の6項目となりました。

詳細は下記URLよりご覧ください。

<重点政策集2014>
http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/126585_1.pdf

たばた事務所のご案内
2014.11.29 up

10730872_571636092936171_1322385479950965045_n.jpg
 
今後の活動拠点となる後援会事務所を、富山市天正寺1138番地に設けました。2年間の国政の経験を活かし新たな活動拠点から富山県・富山市の発展のため全力で取り組んで行きます。
皆様方のご理解とより一層のお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げます。

■場所:富山県富山市天正寺1138番地 
※天正寺交差点を目印にお越しください。くわしくはこちらから

たばた裕明 ✕ 稲田朋美政調会長 街頭演説会のお知らせ
2014.11.29 up

10487184_573897062710074_6647528290800966073_n.png
 
【たばた裕明 ✕ 稲田朋美政調会長 街頭演説会のお知らせ】
たばた裕明の激励に、自民党本部より稲田朋美政調会長が来県されます。
下記の場所で街頭演説会を実施いたしますので、
ぜひともご参集頂ますようお願い致します。
 
■街頭演説会スケジュール
平成26年11月30日(日)
10:30~ 天正寺交差点(後援会事務所前)
11:00~ 総曲輪フェリオ前
11:45~ ファボーレ駐車場
https://www.facebook.com/events/408690585945646/

たばた裕明出陣式のご案内
2014.11.29 up

1604582_573897679376679_8838085262329288462_n.png
 
【出陣式のお知らせ】
公示日の12月2日、朝9時より、天正寺の事務所にて出陣式を執り行いますので、
ご出席頂ますよう、お願い致します。
 
■日時:平成26年12月2日(火)朝9時
■場所:たばた裕明事務所(天正寺1138番地 TEL076-421-1411)

ひびき新聞号外を掲載いたしました。
2014.11.26 up

自由民主党 たばた裕明 ひびき新聞2014冬号外WEB版を掲載いたしました。
まっすぐ景気回復。こちらのページよりお進みください。

平成26年2月2日(日)たばた裕明連合後援会設立総会のご案内
2014.01.27 up

衆議院議員 たばた裕明連合後援会設立総会・記念講演会のご案内

 謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。
 日頃より、たばた裕明君の国会議員活動に深いご理解とご協力を賜り、厚く感謝申し上げます。
おかげをもちまして、一昨年末、長勢甚遠先生の後継者として衆議院選挙に出馬し、皆様方の絶大なるご支援により初当選させていただきましてからちょうど1年を迎えました。

 初当選来、衆議院では厚生労働委員、青少年問題に関する特別委員会委員、消費者問題に関する特別委員会委員、党では雇用問題調査会の幹事、青年局次長として日々緊張感を持って全力で諸課題に取り組んでおります。
 
つきましては、たばた裕明君の益々の活躍と一層の躍進を願い自由民主党富山県第一選挙区支部全域を網羅する連合後援会を設立する運びとなりました。
 ご多用中のところ、誠に恐縮に存じますが、何卒ご臨席賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 
たばた裕明連合後援会設立準備会 呼びかけ人一同

                       記

・日時:平成26年2月2日(日)午後2時~午後4時 

・場所:ホテルグランテラス富山 3F 「薫風の間」

・衆議院議員たばた裕明連合後援会の設立総会  午後2時~午後3時

・記念講演会 講師 下村博文 文部科学大臣    午後3時15分~午後4時 

・演題 「人づくりは国づくり ~教育再生に向けて~」
                     http://hakubun.cocolog-nifty.com/shimomur 
・会費等はございません。お気軽にお越しください。 
     
■下村博文 文部科学大臣 プロフィール
1954年  群馬県生まれ
1978年  早稲田大学教育学部卒
1989年  東京都議会議員初当選
1996年  衆議院議員初当選
2002年  法務大臣政務官
2003年  自民党副幹事長 あしなが育英会副会長
2006年  内閣官房副長官
2010年  シャドウ・キャビネット文部科学大臣兼 特命担当大臣(科学技術)
2012年~安倍内閣 文部科学大臣兼 教育再生担当大臣  ~現在に至る~

≪お問い合わせ先≫
衆議院議員 たばた裕明事務所      担当 河原・高原

私自身の問題意識について  ~「政治山」に掲載した原稿です~
2013.08.26 up

政治サイト「政治山」に投稿した原稿です。日頃感じている問題意識を綴りました。ご一読いただければ幸いです。

【自己紹介】
私が地方議員に当選し、議員活動を開始してから10年が経過し、準備期間を含めると12年近い月日が経過いたしました。銀行員として社会人生活をスタートさせた私は、仕事を通じて「地域のまちづくり」や、「地域活性化の事業」になんらかの形で関わる機会が年々増え、それならば議員として直接的間接的に責任のある立場で将来の地域のためになる役割を果たそうと誓いを立て立候補し政治の道に入ったのでした。

【本文】
魅力ある輝かしい未来の日本を創造すべきだ ~負担を将来世代に先送りしない社会を~
人口減少社会が到来し、デフレ経済も影響し地方を中心に経済の縮小傾向が続き、また第1次産業従事者も減少の一途を辿っています。そのような中、大人はもちろん子供たちも自信や誇り、将来に対する希望、そして何より国や政治に対する信頼感や忠義心が薄らいでいることに大きな危機感を抱いています。
「昨日より今日、今日よりも明日がより良き国となるよう頑張っていこう!」と主体的に考え行動する政治家や魅力的なリーダーの育成が大切であろうと考えます。

いま、国では、昨年成立した社会保障制度改革推進法に基づき、社会保障制度の充実と持続性を保ち、国民一人一人の生活や暮らしの安心のための制度設計が議論されつつあります。
年金・医療・介護・子育て支援に対してしっかりと財源を確保し、持続性を何よりも国民の皆さんに説明し、理解していただくために不断の努力が必要です。そうした取り組みの中で高齢者も若者も子供も健康で、年齢等に関係なく、働くことができ、持てる力を最大限に発揮して生きる社会を構築していかねばなりません。

しかし制度をいくら充実しても、土台である日本人としての精神や生きる力が弱体化し、「人生をどう生きるか」、「生きがいとは何か」、自分の存在の原点や、根っこを見失ったり、意識しない国民の増大にも警笛を鳴らしたいと思います。私は市議、県議を経て現在、国会議員を務めさせていただいているわけですが、法律の条文だけでは統治できない人間の深みを磨く手法や蓄積された文化は、それこそ龍馬メンバーが日々活動するそれぞれの地方に宿り、受け継がれていると確信しています。
私は、そういった事柄に焦点を当てる政治を実行し、少なくとも我々の世代が次の世代に借金や負担を含め、先送りしないことを注視して活動を実践して参りたいと考えます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページトップへ戻る
カテゴリーから選ぶ
以前のエントリー