自民党富山第一選挙区支部長 たばた裕明
自由民主党
日本のために、地方のために!
皆様と同じ目線に立ち、「ともに考え、ともに響き、ともに生きる」
努力が報われる社会づくりを目指します!
お知らせ
たばた裕明からのお知らせです。
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.10.10 up
ひびき新聞平成28年秋号を発行いたしました。
2016.10.01 up

ひびき新聞平成28年新春号を発行いたしました。
こちらの方からおすすみください。


永田町通信 第40号
2016.09.30 up

~国会論戦がスタート~
このたびリオデジャネイロでのパラリンピック競技大会のボッチャ団体において銀メダルを獲得された魚津市出身、富山市在住の藤井友里子選手に対して9月30日、「富山県民栄誉賞」を贈呈することが決まりました。
藤井選手の活躍はハンディのある方、ない方のも夢と希望、元気を与えて下さり心よりお祝いを申し上げたいと思います。
またボッチャ競技アシスタントの辻 佳子コーチに感謝状が贈呈されることも決定されました。


さて、9月26日(月)に第192回国会が召集されました。開会日は、毎回、天皇陛下のご臨席を仰ぎ開会式が執り行われます。その開会式、実は、参議院本会議場にて行われるのです。今回も、衆参の議員一同が勢ぞろいし、参議院本会議場にて天皇陛下のお言葉を頂戴いたしました。
その後、衆議院本会議場にて安倍総理の所信表明演説が行われ実質的に国会がスタートしました。
 

安倍総理の所信表明演説は、「未来への投資」や「チャレンジする意義」などをキーワードとして具体的な成功事例や地名を挙げての紹介など、聞く者にイメージをし易い言葉での訴えでした。
 働き方改革や、一億総活躍社会実現の部分が一番、紙面を割いており意気込みが感じられました。
政府として、様々な問題を先送りせず、「結果」を出すことの重要性を力説されました。
最後に憲法について。「日本が、これから、どういう国を目指すのか。それを決めるのは政府ではありません。国民です。そして、その案を国民に提示するのは、私たち国会議員の責任であります。」
「思考停止に陥ることなく、互いに知恵を出し合い、共に「未来」への橋を架けようではありませんか」と演説を締めくくられました。
翌27日、28日の両日、衆議院では与野党の代表質問が行われ、30日からは補正予算審議の為の予算委員会が開かれました。10月3日からの週での採決を目指すものです。
熊本地震への対応のための災害基金、今夏の台風10号等での被害を受けた北海道、岩手の激甚災害指定に係る復旧事業費や、介護人材、保育人材支援策などが柱の補正予算案です。


 一方、同時に各常任委員会で審議する各省提出法案も出揃いました。提出予定法案は19本、提出検討中が3本、前国会からの継続審議法案が11本です。厚生労働省は、新規1本、継続3本です。主な内容は、①労働基準法の改正。これは長時間労働是正や多様で柔軟な働き方の実現を目指すものです。 ②国民年金法等の改正。これは公的年金制度の持続可能性の向上を目指すもので、将来世代の給付水準を確保するための年金額改定に一定の措置を講じる内容です。野党の理解を得る努力をし、成立に向けて取り組んで参ります。
その他、党内の会議や議員連盟の会議も目白押しであります。平日は、毎朝8時には執務室や党本部に出勤し1日がスタートしています。


 地元、富山では、10月6日から富山県知事選挙が告示されます。我々は4選を目指す現職の石井隆一氏を推薦しています。
10月14日には富山県議会議員補欠選挙が告示。10月30日には富山市議会補欠選挙が告示となります。選挙戦が目白押しです。候補者擁立や、支援体制構築について電話連絡を頻繁に行ってもおり、1日があっという間に過ぎています。
 
 秋の風情を楽しむ余裕がないのが残念ですが、与えられた職責を果たし、また地元の皆さんとの懇談 の機会に時間を充当できるよう情熱を持って行動して参ります。

永田町通信 第39号
2016.09.22 up

~臨時国会は9月26日より開会~
                                              平成28年9月22日
 政務活動費の不正受給、不適切な管理等により富山県議、富山市議の辞職が相次いでいます。あってはならないことであり、全貌の解明、二度と発生しない制度への移行、透明性の確保に党を挙げて取り組まねばなりません。また公務に携わる一員として、あらためて襟を正して仕事に励まねばと考えます。失われた政治への信頼回復に先頭に立って取り組んで参ります。また本件に関し心よりお詫び申し上げます。


 さて、参議院選挙後の内閣改造を経ていよいよ9月26日より臨時国会が開会いたします。
政府は、参議院選挙戦を通じて訴えていた経済対策等について補正予算案を上程いたします。またTPP協定の早期発効に向けた国会手続きや関連国内法の改正や成立に向けて全力を尽くして参ります。一方、昨年成立した平和安全法制の本格運用も始動します。北朝鮮の核実験やミサイル発射も頻度やレベルが増し看過できない状態に進んできています。極東アジアにおける安全保障環境の変化に対応する議論もより深めていかねばなりません。

8~9月にかけて安倍総理は、ロシアのウラジオストックでのプーチン大統領との会談や中国の杭州でのG20会議、ラオスでのASEAN首脳会議、ケニアのナイロビでのアフリカ開発会議、ニューヨークでの国連会議やキューバ訪問と正に地球儀を俯瞰しながら国益に資するべき精力的に首脳外交を展開しています。内政外交とも様々な課題に果敢に取り組む安倍政権の動きから目が離せません。

 臨時国会で上程される補正予算案は、事業規模で28.1兆円。財政措置は13.5兆円規模です。内需を下支えするため①一億総活躍社会実現の加速 ②21世紀型のインフラ整備 ③英国のEU離脱に伴う不安定性などのリスク対応 ④防災対応力の強化が柱です。
誰もが自分の夢を追求できる、誰もが自分の能力を伸ばしていく、誰にも居場所があって頑張っていける、そういう気持ちになれる日本を創りあげて参ります。
また今秋の台風による被害が全国各地で発生しています。災害復興にもスピード感を持って迅速に対応していかねばなりません。


 国会にて具体的に私が取り組む事項は、(1)保育・介護の受け皿整備、介護人材の処遇改善、保育・介護の労働負担の軽減や生産性向上、(2)産官学共同での医薬品・医療機器の研究開発の促進、(3)長時間労働の是正や多様な働き方を可能とする社会のための働き方改革などです。
これらはすべて厚生労働分野にあたります。安倍政権の目指す一億総活躍社会実現は厚生労働分野の施策を横断的に連携させ実行力を高めていかねばなりません。省内の縦割り意識ももちろん取っ払って取り組んで参ります。


また今国会からの私自身の新たな役職として、①国会対策委員長副委員長会議の陪席者に任命され平日は月曜から金曜まで朝9時10分からの定例会議出席が義務付けとなります。
②決算行政監視委員会の理事に就任し委員会運営に参画します。 
③衆議院憲法審査会委員に就任。憲法改正議論を深めて参ります。
④党内では自民党青年局学生部長にも就任し、18歳からの選挙権年齢引き下げによる若年層対策の責任者の一員となりました。
⑤与党新幹線PTの一員として北陸新幹線大阪延伸への早期開業にも積極的に取り組んで参ります。

これまでの厚生労働員会委員、消費者問題に関する特別委員会委員とあわせて、慌ただしい毎日となりそうです。体調万全にし、心して臨時国会に臨んで参ります。

フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.09.09 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.08.13 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.07.15 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.07.14 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.06.10 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.05.01 up
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページトップへ戻る
カテゴリーから選ぶ
以前のエントリー