自民党衆議院富山第一選挙区支部長 たばた裕明
自由民主党
日本のために、地方のために!
皆様と同じ目線に立ち、「ともに考え、ともに響き、ともに生きる」
努力が報われる社会づくりを目指します!
お知らせ
衆議院議員 たばた裕明からのお知らせです。
カテゴリーから選ぶ
以前のエントリー
たばた裕明公式facebook活動報告フォトギャラリー自由民主党自民党富山県連清和政策研究会
フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.05.10 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.04.13 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.03.14 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.02.22 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.01.26 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.12.05 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.11.10 up
フォトギャラリーを更新いたしました。
2016.10.10 up
ひびき新聞平成28年秋号を発行いたしました。
2016.10.01 up

ひびき新聞平成28年新春号を発行いたしました。
こちらの方からおすすみください。


永田町通信 第40号
2016.09.30 up

~国会論戦がスタート~
このたびリオデジャネイロでのパラリンピック競技大会のボッチャ団体において銀メダルを獲得された魚津市出身、富山市在住の藤井友里子選手に対して9月30日、「富山県民栄誉賞」を贈呈することが決まりました。
藤井選手の活躍はハンディのある方、ない方のも夢と希望、元気を与えて下さり心よりお祝いを申し上げたいと思います。
またボッチャ競技アシスタントの辻 佳子コーチに感謝状が贈呈されることも決定されました。


さて、9月26日(月)に第192回国会が召集されました。開会日は、毎回、天皇陛下のご臨席を仰ぎ開会式が執り行われます。その開会式、実は、参議院本会議場にて行われるのです。今回も、衆参の議員一同が勢ぞろいし、参議院本会議場にて天皇陛下のお言葉を頂戴いたしました。
その後、衆議院本会議場にて安倍総理の所信表明演説が行われ実質的に国会がスタートしました。
 

安倍総理の所信表明演説は、「未来への投資」や「チャレンジする意義」などをキーワードとして具体的な成功事例や地名を挙げての紹介など、聞く者にイメージをし易い言葉での訴えでした。
 働き方改革や、一億総活躍社会実現の部分が一番、紙面を割いており意気込みが感じられました。
政府として、様々な問題を先送りせず、「結果」を出すことの重要性を力説されました。
最後に憲法について。「日本が、これから、どういう国を目指すのか。それを決めるのは政府ではありません。国民です。そして、その案を国民に提示するのは、私たち国会議員の責任であります。」
「思考停止に陥ることなく、互いに知恵を出し合い、共に「未来」への橋を架けようではありませんか」と演説を締めくくられました。
翌27日、28日の両日、衆議院では与野党の代表質問が行われ、30日からは補正予算審議の為の予算委員会が開かれました。10月3日からの週での採決を目指すものです。
熊本地震への対応のための災害基金、今夏の台風10号等での被害を受けた北海道、岩手の激甚災害指定に係る復旧事業費や、介護人材、保育人材支援策などが柱の補正予算案です。


 一方、同時に各常任委員会で審議する各省提出法案も出揃いました。提出予定法案は19本、提出検討中が3本、前国会からの継続審議法案が11本です。厚生労働省は、新規1本、継続3本です。主な内容は、①労働基準法の改正。これは長時間労働是正や多様で柔軟な働き方の実現を目指すものです。 ②国民年金法等の改正。これは公的年金制度の持続可能性の向上を目指すもので、将来世代の給付水準を確保するための年金額改定に一定の措置を講じる内容です。野党の理解を得る努力をし、成立に向けて取り組んで参ります。
その他、党内の会議や議員連盟の会議も目白押しであります。平日は、毎朝8時には執務室や党本部に出勤し1日がスタートしています。


 地元、富山では、10月6日から富山県知事選挙が告示されます。我々は4選を目指す現職の石井隆一氏を推薦しています。
10月14日には富山県議会議員補欠選挙が告示。10月30日には富山市議会補欠選挙が告示となります。選挙戦が目白押しです。候補者擁立や、支援体制構築について電話連絡を頻繁に行ってもおり、1日があっという間に過ぎています。
 
 秋の風情を楽しむ余裕がないのが残念ですが、与えられた職責を果たし、また地元の皆さんとの懇談 の機会に時間を充当できるよう情熱を持って行動して参ります。

2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページトップへ戻る