自民党富山第一選挙区支部長 たばた裕明
自由民主党
日本のために、地方のために!
皆様と同じ目線に立ち、「ともに考え、ともに響き、ともに生きる」
努力が報われる社会づくりを目指します!
お知らせ
自民党衆議院 富山第一選挙区支部長 たばた裕明からのお知らせです。
フォトギャラリーを更新いたしました。
2018.01.17 up
永田町通信 第53号
2017.12.27 up

~平成30年度政府予算案が決まる~
                                          平成29年12月22日
 8月に厚生労働大臣政務官に就任し、引き継ぎや公務に従事し慣れた矢先の衆議院解散。そして、10月の総選挙を経て、おかげ様で引き続き厚労政務官に再任いたしました。以来、特に予算、税制については厚生労働省分野を中心に編成に取り組んで参りました。来年4月より、診療報酬改定、介護報酬改定、障害サービス料金改定のトリプル改定を控えて、社会保障費の伸びの抑制と医療・介護・障害者支援政策の継続性の堅持をどう担保するかの議論が活発になされ、業界団体からの要望陳情や党内議論に政府側として応対して参りました。財政の健全化を目指す縛りの中で、一定の結論を出すプロセスを体感できたことは今後の経験になりました。結果として、社会保障費は32兆9,732億円で前年比1,5%増の過去最大となりました。


 12月22日に、一般会計総額97兆7,128億円の来年度予算案が閣議決定されました。
「人づくり革命」、「生産性革命」の推進を旗印に、特に「子育て」「教育」「働き方」については力点が注がれています。厚生労働省は予算案において重点事項として3つの柱立てを行い、国民生活を支えて参ります。
1つ目は、「働き方改革の着実な実行」です。長時間労働の是正や非正規雇用の処遇改善、賃上げの支援や治療と仕事の両立、障害者・高齢者・女性の就労支援策の拡充を目指します。

2つ目は、「質の高い効率的な保健・医療・介護の提供の推進」です。データヘルス革命などのICT化、イノベーションの推進や安心で質の高い医療・介護サービスの確保、健康増進・がん・難病対策の拡充です。

3つ目は、全ての人が安心して暮らせる社会に向けた環境づくりです。総合的な子育て支援、児童虐待防止対策の推進、地域共生社会の実現に向けた地域づくり、生活困窮者の自立支援の拡充などです。
 特に働き方改革に関しては、私が主たる担当責任者の一人です。通常国会で法律改正を予定しており、将来の日本の雇用環境における転機となる法改正でもあります。充分に準備して審議に臨みたいと思います。


 また来年は、憲法改正についても節目を迎えるのではないかと考えます。去る20日に自民党の憲法改正推進本部ではこれまでの党内の闊達な議論の論点取りまとめを発表いたしました。
我が国が直面する国内外の情勢等に鑑み、今まさに国民に問うにふさわしいと判断されたテーマとして①安全保障に関する「自衛隊」 ②統治機構の在り方に関する「緊急事態」 ③一票の較差と地域の民意反映が問われる「合区解消・地方公共団体」 ④国家百年の計たる「教育の充実」の4項目を挙げました。
 この4テーマをさらに条文化まで議論を煮詰めるとともに、各党各会派から具体的な意見・提案があれば真剣に検討し、建設的な議論を行っていきたいと考えます。地元でも大いに憲法改正勉強会や意見交換を行って参ります。


 あらためて、本年も大変お世話になりました。年末年始は、穏やかに富山市内にて過ごします。

フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.12.15 up
選挙戦フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.11.15 up
選挙戦フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.10.19 up
第48回衆議院選挙に向けて
2017.10.09 up

【たばたの決意】
 たばた裕明です。私はこれまで約4年9ヶ月に亘り与党の一員として、様々な年代の方々との対話をすることを心がけて活動して参りました。
政治とは誰のものかと言えば、皆さんお一人お一人のものであると考えます。
対話から感じる地域経済の実態や暮らしの息づかいは、政策づくりの土台です。


 現在私は、厚生労働大臣政務官として取り組んでいる「働き方改革」をぜひとも推し進め、全世代型社会保障制度づくりに取り組んで参ります。日本経済再生に向けて、最大のチャレンジは働き方改革であります。「働き方」 は「暮らし方」そのものであり、働き方改革は、日本の企業文化、日本人の ライフスタイル、日本の働くということに対する考え方そのものを見直していくことです。
私は、一人ひとりの意欲や能力、そして置かれた個々の事情に応じた、多様で柔軟な働き方を選択可
能とする社会を追求して参ります。

 一方、少子化対策は喫緊の課題であり、子ども・子育て支援新制度に則り、出産から育児、幼児期の保育、学校教育、地域の子ども・子育て支援の着実な履行と富山の実情に即した取り組みの強化を進めます。
 また、「くすりの富山」の強みを活かし、質の高い効率的な保健・医療・介護の提供の推進に取り組みます。
 キーワードは「もっと前に!」です。  常に前向きな気持ちで全世代の皆さんが安心して暮らし、生活し、将来展望が描けることができる基盤作りに取り組みます。


 一方、極東アジア地域の安全保障環境は厳しさが増しています。日米同盟を堅持し強固な基盤に基づいた政権与党が国政を担い、国民の生命・財産をしっかり護ることが求められています。これまでの安全保障関連の立法を遵守することにより、国際社会での日本の貢献度を高め、発言力を今以上に押し上げます。

 私は常に挑戦者の気持ちでこの選挙に臨み、政策によって「ふるさと富山、日本の発展」に力を尽くして参ります。皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

響新聞特別号を掲載いたしました。
2017.09.21 up

響新聞特別号を掲載いたしました。
こちらの方からおすすみください。

フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.09.12 up
永田町通信 第52号
2017.08.20 up

~厚生労働大臣政務官を拝命いたしました~
                                          平成29年8月20日
 例年にない涼しいお盆の期間でした。皆様いかがお過ごしだったでしょうか? 私はいつもの通り地元にて盆踊りや納涼祭、高校の同窓会への顔出しや、お墓参りや高校野球をTV観戦し、また支援者の初盆回りを行い過ごしていました。8月15日は日本武道館での全国戦没者追悼式に参列し、午後から靖国神社参拝をいたしました。
平和の尊さや日本国の平穏を考えながら充実した日々を過ごしました。

 さて、8月3日に内閣改造が行われ、郷土の宮腰光寛代議士が首相補佐官に、野上浩太郎参議院議員は官房副長官留任となり官邸に富山県選出議員が2名となりました。続いて7日には副大臣、政務官人事が発令されました。この度私は、加藤勝信厚生労働大臣を支える任務としての、厚生労働大臣政務官を拝命いたしました。安倍総理より直接、辞令を受け取り、正に身が引き締まる思いでした。行政が公正かつ中立的に行われるよう国民を代表する立法権者として監視責任を果たし、また政策の立案・調整・決定は責任を持って行い厚生労働行政を前に進めてまいります。このような立場で仕事ができるのもすべては地元の支援者の皆様方の支援の賜物であります。使命感と責任感をしっかりと認識し、仕事を通じて故郷のお役に立ちたいと思います。
 厚生労働行政は、社会保障や公衆衛生、労働施策全般、援護施策などお一人お一人の国民生活に密接かつ直接に関わる分野を所掌し行政を進めています。総人員は約3万2千人を抱えており予算額は30兆6千億円を超える規模であります。仕事をすすめる上では、地方自治体や各種の職域団体やNPO、ボランティア団体等のご協力無くしては成り立ちません。積極的に現場に足を運び、様々な第一線で活動中の皆さんの声を拝聴することを心がけていきます。

 就任以来、省内での勉強会や各種団体への挨拶回りが続いています。また1ケ月に1回のペースで週末は地元に戻れず危機管理上の対応のため在京当番が課せられています。これまでのように時間があれば地元に戻り、親しく各種行事に顔出ししていた行動パターンも少し見直ししながら、自身のペースを掴んでいきたいと思います。

 政務官として、まずは秋の臨時国会に向けた対応に全力投球です。特に、働く人の立場・視点に立った働き方改革の法制化に取り組んでいかねばなりません。これまで党内において、この議論に継続的に関わってきた私としては、
①働き方改革を通じて多様で柔軟な働き方の実現により誰にでも公平にチャンスが確保され、努力が報われる社会を創る
②働く人は将来に明るい希望を持ち、企業はどのように働いてもらうかに関心を強め、生産性が向上する
③その成果を働く人に分配することで賃金上昇や消費拡大を通じた経済成長が達成される
④人生の重要な一部である労働の価値を高めることを通じて、人生がより豊かになる
この①~④の好循環を創り出すことに厚生労働省内の一員として携われることに無常の喜びとやりがいを感じています。
 本年3月に策定された「働き方改革実行計画」に基づき、時間外労働の上限規制等の実現、非正規労働問題及び同一労働同一賃金の実現について国会提出法案の準備に努めます。
 なお、17日に地域別最低賃金の改定額が答申されました。改定後の全国加重平均額は25円引き上げの848円。昨年度と並んで最大の引き上げです。富山県は795円。最高額の東京都は958円であり概ね10月1日発効予定です。景気の上昇基調は着実に続いています。労働環境の充実に引き続き取り組んでまいります。

フォトギャラリーを更新いたしました。
2017.08.19 up
2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページトップへ戻る
カテゴリーから選ぶ
以前のエントリー